作業場からアトリエへ~タティングレース作家さんのサポート実例~

投稿者: | 2019年10月28日
こんにちは
頑張って働く人がもっと楽に、もっと仕事で活躍できるために 「働く」と「暮らす」の整理整頓をサポートするMy Small Stepの安藤雅子です。
今日もSmall Stepで「できた」を一歩ずつ進めましょう!    

作業自体は夏前にさせていただき、最後の仕上げはご自身で頑張っていただき

8月末には完了した現場のご紹介をします。

お客様は岡山県女性創業サポートセンターの経営塾で一緒に学んだ

タティングレース作家の酒林ゆき様です。

https://sosakushitu.theshop.jp

私が経営塾の最後のプレゼンでお話した「作業場からアトリエへ~ものづくりさんの環境を整えるサポート~」

に共感してくださりご依頼くださいました。

 

モノに手を出す前に頭の中を整理する

 

事前にアンケートフォームでヒアリングをさせていただき、実際にサポートをさせていただく前には

現場を見せていただきながら片づける前の頭の整理をじっくりします。

なぜ片づけたいのか

片づけてこのスペースをどう使いたいのか

どれくらい時間と予算が取れるのか

どんなストレスがあるのか

これだけだけではなくいろいろお聞きして片づけの目的を明確にしていきます。

実際に写真も撮っていきます。

いわゆるbefore写真ですね。

※こちらの写真は掲載の了承をお客様から頂いております。

 

作品を作るにあたり、モノを探すことも多かったとのこと。

元々ご自宅を建てる際にアトリエとして間取りを取られていたにも関わらず

なかなか使いやすいスペースにしにくかったそうです。

目指したいゴールは

「この場所で作品制作だけではなく、お教室をしたり動画配信をしたりできるスペースにしたい」

でした。

そのためにはまずここにあるモノたちが本当にこの場所でいいのか、

実際にどれくらいの種類とどれだけの量があるのか

しっかり分けていくことが必要でした。

分ける作業は1日、二人で約5時間半ほどかかりました。

 

実際の収納はご提案し収めるまでをお手伝い

 

分けて把握できたものをどこで使いたいか一緒に考え、実際の収納プランは後日ご提案しています。

ご提案したイメージはこんな感じです。

 

実際にこれでいいと決めていただいた後は組み立てから収納までお手伝いさせていただきました。

最終的な整える部分はお客様ご自身のセンスで素敵に仕上げていただきました。

私は収める場所まで。

わかりやすいようご要望のあった各引き出しのテプラを送らせていただいたりとできるだけご負担を減らすサポートを心がけました。

いただいた完了後のお写真はこちら↓↓

 

とってもステキな空間になりました。

私自身がステキにするのは正直得意ではありません。

私ができるのはスッキリさせるためのお手伝い、その先はお客様ご自身に楽しんでいただきながらステキを作っていただきました。

もうステキを超えてうっとりですが、本来目指していたゴールにたどり着いたことが何より嬉しかったです。

 

ゆきさんのさらなる飛躍のお手伝いができたとしたらさらにうれしいです。

 

今回のサポートサービスについてはこちら

作業場からアトリエへ~モノづくりさんの環境を整えるサポート~

 

頭の整理から始めるお一人様起業、個人事業主の方に向けたビジネス整理術は11月19日開催です。

https://jalo.jp/business/

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

 

    最後まで読んでいただきありがとうございました。 ご質問はお気軽にこちらへどうぞ♪ 友だち追加  

サポートの詳細はこちら

 

講座・イベント・ワークショップのご案内

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です